仙台のリフォームならファミリ工房東北まで


 

仙台市泉区鶴ヶ丘T様邸「温かみのある落ち着いた外観に」外装リフォーム事例

20121117T08.jpg

リフォーム概要

地名

仙台市泉区鶴ヶ丘

施工内容

外装リフォーム

築年数

20年

工期

14日間

 

リフォームのきっかけ

担当のひぐっちゃん(樋口)とは、10年超える付き合いでしたので塗装の相談をしました。でも、塗装工事とはいえ、安い買い物ではないので、今回2社から見積をとりました。ひぐっちゃんもその方が安心ですよって言ってくれたので。値段を含めて納得できたので、ファミリ工房東北にお願いしました。

提案内容

外壁の仕上げは全体的に劣化していたので、微弾性フィラーの下塗りとシリコン樹脂塗料で仕上げ、屋根は錆止めと鉄部をウレタン樹脂塗料で仕上げました。軒天井部分は状態が悪かったので、補修しました。

外装リフォーム施工前

20121117T20.jpg 20121117T20.jpg 20121117T20.jpg
既存の外壁は、モルタルにリシン吹き付けでした。 モルタルにひび割れが生じていました。 建物の躯体が地震などで動いたとき、外壁の仕上げが追従しきれずに割れてしまうことが原因の一つです。
20121117T20.jpg 20121117T20.jpg 20121117T20.jpg
経年劣化により、防水性能を失った外壁が水分を吸い、全体的にカビが発生していました。
 
既存の軒天井は、木製合板の塗装仕上げでした。経年劣化で水分を多く含み、波打っていました。ケレン(表面を削る作業)をしても、塗装には適さない状況でした。 出窓などの庇は塗膜の剥離や錆の発生が見られました。
20121117T20.jpg    
既存の破風は木の塗装仕上げでした。下地状況は良好で、腐食箇所もありませんでした。    

外装リフォーム施工中

20121117T20.jpg 20121117T20.jpg 20121117T20.jpg
軒天井の補修状況です。著しく劣化していたため、耐火性に優れ、吸水性が少ないケイカル板を新設しました。様々な仕上げ材と相性が良いのも特徴です。 塗装をして仕上げます。 モルタルのひび割れを補修します。ひび割れの幅が0.3㎜未満なので、補修仕様は微弾性フィラーを刷り込みます。下塗りの材料と同じものです。
20121117T20.jpg 20121117T20.jpg 20121117T20.jpg
微弾性フィラーは既存の下地に食い付き、弾力性があるので、ひび割れをそのままに下塗りしてしまう場合がほとんどですが、私たちはひと手間加えます。 微弾性フィラーで下塗り後、シリコン樹脂塗料で上塗りします。 上塗り2回目。3工程で完了です。

外装リフォーム施工後

20121117T20.jpg 20121117T20.jpg
軒天井は白が多いですが、濃いブラウンで仕上げ、外壁の色は白から淡いベージュに塗装しました。 落ち着いた和風住宅であることと、視覚的に温かみを感じるようにしています。
20121117T20.jpg 20121117T20.jpg
面格子も塗装し、外壁との取合いも塗装しました。 外構の塀も外壁と同じ色で仕上げました。


外装リフォーム事例一覧
施工事例一覧はこちら

会社案内 スタッフ紹介 声

お得なキャンペーンはこちらから


まるで新築リフォームキャンペーン



失敗しないリフォームのために

ファミリ工房東北へのご相談、お問い合わせはこちらから


お問い合わせ お見積もり 資料請求

お問い合わせ