仙台のリフォームならファミリ工房東北まで

株式会社ファミリ工房東北
お問い合わせ
TOPへ戻る

水まわりリフォームのコツ

20130203.jpg





住まいの「ここはリフォームしたい」と思うところランキングで、「浴室」「キッチン」「洗面室」「トイレ」と1位から4位まですべて水まわりが占めています。

水まわりは毎日使うところで、汚れや傷みがつきやすく、目立ちやすい場所です。
そんな水まわりリフォームのコツや見落としがちな失敗点を紹介していきます。

001.jpg 002.jpg 003.jpg






kitchen.jpg

一般的にキッチンの寿命は15年~20年といわれており、毎日火や水を使うため温度差が激しく、また湿気も多い場所ですので、劣化しやすい場所と言えます。
使用頻度やお手入れの具合で耐久年数に違いは出ますが、たいてい築後15年を過ぎた頃から、水もれが起こったり、収納扉がきちんと閉まらなくなってきたりと、何らかの不具合が出始めます。あちこちで不具合が起こったり、汚れや傷、破損が目立つようになっているなら、思い切ってリフォームを考えてみましょう。

リフォームでキッチンの使い勝手が良くなると、身体の負担が楽になったり、時間を短縮できたりと、生活スタイルまで変化してくれます。最新のキッチンは使い勝手やエコ性能が格段にアップ!早めに切り替えて台所仕事を楽にこなす方が得策です。

リフォームをするにあたって、今お使いのキッチンについての不満を洗い出しましょう。
「カウンターの高さが合わなくて腰が痛い」「収納が使いにくい」「作業スペースが狭い」など…
いろいろ出てきたのではないかと思います。
 

 レイアウトは「動線」を重視

機能的なキッチンのレイアウトを考える時には「動線」に注目しましょう。
料理をする際には、食材や調理器具を冷蔵庫や収納から取り出し、作業場で調理を行ない、ダイニングに運ぶ、という流れが一般的です。これらの一連の動き(動線)が短ければ短いほど、作業効率は良くなります。
キッチンのレイアウトを考える時には、普段の料理スタイルを思い出して「ここにこれを置けば便利かな」と考えながら、動線に沿って組み立てていくといいでしょう。
 
  20121009_sekogo02.jpg
 

 収納はできるだけ余裕を

食材や調理器具がたくさん置かれたキッチンだと、作業効率は大きく下がります。そこで重要なのが、広くてしまいやすい「収納」です。
最近のシステムキッチンでは、限られたスペースに出来るだけ多くのモノを入れられるように、収納には多くの工夫を凝らしています。また、引き出し式のフロアキャビネットなど、使いやすい収納パーツも数多く用意されており、現在のシステムキッチンは10年前20年前の設備とは比べものにならないほど収納力があります。 
キッチン収納の狭さにお悩みならば、システムキッチンへの一新を検討してみても良いでしょう。
  20121012T07.jpg
 

 ライフスタイルに合わせたキッチン空間を考えよう

キッチンの広さは家族の多さに比例する、と考えていいでしょう。家族が多くなればなるほど、作業スペースや収納が欲しくなります。ご家族が多い場合にはキッチンの広さを優先させましょう。
また家族とのコミュニケーションを考えた場合、ダイニング空間との仕切りのない「オープンキッチン」タイプを検討したり、

お子さんが独立し、夫婦のみで住むようになった時には、広すぎるキッチンスペースを縮小して、居住スペースに割り当てることも考えられます。ご家族のライフスタイルを見据えてキッチンを刷新していく、と考えることも重要です。 

ダイニングやリビングとのつながりは?勝手口への動線は?窓から見える景色は?などなど…毎日の暮らしを考えながら検討しましょう。
その上で、予算や使い勝手を考慮しながら、扉材や収納ユニット、天板、ビルトイン機器という順序で考えていく、というのがコツです。
  P5220020.jpg
 

 お手入れラクラク・収納充実・デザイン性アップ

最近のシステムキッチンの大きな傾向としては、お手入れや掃除のしやすいこと、収納の工夫が各所に見られること、デザイン性が高まってきたこと、などが挙げられます。
たとえば、汚れがつきにくい、ついても落としやすい壁材や鏡面仕上げの扉材、掃除のしやすい換気扇や加熱調理機器などは標準的になってきています。
フロアキャビネットは引き出し式の収納が主流ですし、たくさんある調理器具などの収納パーツなども各社取り揃えています。
デザイン面ではシンプルでモダンなキッチンが多くみられます。
扉デザインはもとより把手もモダンでシャープな形状のものが多く、ステンレス素材を用いたキッチンが主流です。

自分に使いやすいモノを選ぶことが大切ですので、いろいろなタイプがあるシステムキッチンの装備を比較し、特長などを理解して、自分のスタイルに合った装備を見つけてください。

 
  20121206N04.jpg
 

wash-bath.jpg

浴室・洗面室に対する不満に、「浴室がとても寒い。床が冷たい」「浴室が狭い。浴槽が小さい」「脱衣所が狭い。脱いだ服や着替えを置く場所がない」「掃除が大変」などがあります。

家いちばんのくつろぎ空間にしたい浴室・バスルーム。
快適に過ごすために進化した機能などをシステムバスがおすすめです。

洗面室のリフォームは、洗濯や家事などがしやすいよう、機能性に配慮した空間づくりを。洗面室は身だしなみを整えたり、入浴のために脱衣をしたりするの空間であると同時に、主婦にとっては洗濯や掃除などの家事をスムーズにこなすために必要な場所でもあります。家事を中心に考えるなら洗濯機の配置や収納設備の選択がポイントになります。家事を行いやすいように、機能性に富んだ空間づくりを目指しましょう。
 

 タイミング・コスト

水まわりリフォームの好期は15~20年目が目安とされています。この時期を超えると、建物内部の腐食が進みコストが増大していきます。浴室内部にカビや汚れが目立ちだしたり、特に洗面室の床が浮く感じがしたり、きしむようになってきたという場合は注意が必要です。外見上は問題が無くても、中の土台が傷んでいたり、シロアリの被害にあっていることも多く、目に見えない部分で進行している可能もあります。一歩早めのタイミングを心掛けましょう。

 
  20121016I04.jpg
 

 リフォームでぽかぽか&安全に

浴室の構造は、床・壁・浴槽がそれぞれ独立した構造の「在来工法」と、浴室設備がユニット化された「システムバス」の2つとなります。今は工期が短く、掃除が楽で水漏れの心配が少ない「システムバス」にするのが浴室リフォームの主流になっています。
快適なひとときを過ごせるように、工夫を凝らした設備・アイテムが多数登場しています。最新型の換気扇には強力な換気機能はもちろんのこと、寒い季節にはありがたい暖房機能や、部屋干しも可能な乾燥機能も付いています。また、浴槽や床材の多くが水はけ性能の高い構造を取り入れています。水はけの良い床材を取り入れると、すべりにくく安全というメリットもあります。
機能性だけでなく、リラクゼーション面での進化も進んでいます。

洗面室にも同じように専用の暖房機を備え、脱衣、着衣の際に温かさを確保することが理想です。ヒートショックを防止するためにも、リフォーム時にはぜひ検討したい設備です。
  20121206N05.jpg
 

 洗面室”すっきりした気持ちの良い空間に”

タイプを決めると、必然的に広さ・プランが決まります。 住まいの中で、家事を行う場所といえば、主にキッチンとユーティリティです。洗濯機を回しながら、食事の支度をするなど、家事を同時進行で行うことも日常茶飯事です。ユーティリティのレイアウトは、主婦のワークスタイルを考慮した家事動線を優先させ、できるだけキッチンと面したところに設けるのが望ましいでしょう。もしくはキッチンの一画に洗濯専用のユーティリティスペースを作るのも方法の一つです。また、入浴時に脱衣スペースとして使われることも多い洗面室ですから、気持ち良く入浴にむかえるためにもいつもすっきりと片づいた空間にしたいですね。
洗面台もキッチンと同じように「システム化」が進んでおり、デザイン・機能性ともに向上しています。歯ブラシ・ドライヤーに化粧品、さらにはかさばるバスタオルや掃除道具など、いろいろなモノを置く洗面所では、収納の大きさ・使いやすさも重要になります。
洗面台下の引き出し式ユニットなど、便利で大容量な収納パーツも充実してきていますので採用してみましょう。
  20121105S02.jpg
 

toilet.jpg


家族はもちろん来客も利用するトイレは、清潔さや快適性を重視してリフォームしたい部分。
15年を過ぎた頃から、設備の老朽化や、便器 ・ タンクが変色し始め、汚れや臭いも取れ難くなってきます。

トイレリフォームの種類は、「和式を洋式へ変更」「便器の取替え」「 洗浄便座の取り付け」「 壁・床の張替え」「扉の交換」「バリアフリー化」「断熱工事」などがあります。

狭さやお掃除などのストレスを解消して、誰もが快適に過ごせる空間づくりをしましょう。
 

 清潔・掃除のしやすさ

トイレはいつも清潔に保てるよう、掃除がしやすい便器、建材を選んでリフォームしましょう。

温水洗浄便座と一体化した最新モデルの多くは、自動洗浄・自動開閉・脱臭機能・汚れを楽に落とせる構造など、便利で清潔に使えるような機能をたくさん盛り込んでいます。
汚れがたまらないフチなし形状の便器、汚れが付きにくい便器など、各メーカーから掃除のしやすさに焦点を当てた便器がたくさん出ていますので比べてみましょう。



 
  PA290015.jpg
 

 節水

特にトイレは、家庭内で使用する全水道使用量の28%を占めるといわれており、家庭内で最も水を使う設備です。
従来型は13Lの水で洗浄していましたが、最新のトイレは4.8L。約1/3の水で流します。また、自動水栓手洗い器を使えば、手を差し出すだけで、吐水・止水。閉め忘れや無駄をなくします。
最新の節水型トイレに置き換えれば節水に大きな効果が期待できます。
  P9110065.jpg
 

 バリアフリー・ユニバーサルデザイン

家の中では小さなスペースですが、毎日必ず使用する場所です。トイレは使いやすく、快適なスペースにしたいものです。

高齢化を考慮することも大切。将来に備えて、バリアフリー化も念頭に置きましょう。
高齢者の場合、トイレは体に対する負担が大きいので、手すりの設置や段差が解消されていると使いやすさがアップします。
リフォームする時に、手すりを設置するための下地材を入れておけば、必要になった時に簡単に取り付けられます。
  20121122K11.jpg
 

 トイレの収納

トイレ内には、掃除用具、トイレットペーパー、衛生用品などを収納するスペースが必要です。しかし狭いトイレに収納ボックスを置くと、トイレ使用や掃除の邪魔になってしまうことがあります。
もしスペースに余裕があるのであれば、手洗い器やカウンターをプラスしてみてもいいでしょう。使いやすさやグレード感がアップするだけでなく、細々としたトイレ備品の収納スペースが確保でき、すっきりとしたトイレ空間を演出することができます。
手洗い器以外にもスペースに合わせてさまざまなサイズ・デザインの収納が選べます。
デザイン性のある小さなカウンターやペーパーホルダー・タオル掛けは、トイレ空間にアクセントをつけるだけでなく、利便性も抜群です。

スペースがない場合は、壁面を凹ませてそこに手洗いを設置したりと工夫するのもいいでしょう。
トイレットペーパーなどは奥行きの薄い棚で十分に収納することができます。
頭の上のほうに奥行きの深い棚を造るのも良いのですが、タンクの上などの邪魔にならない場所に奥行きの薄い高さのある収納BOXを設置すると、鬱陶しくなく、使いやすい収納スペースを取ることができます。
市販の収納BOXも上手に利用してみましょう。
  20121012S06.jpg
 


index_advice.jpg
 



▼水まわりリフォームのご相談はこちらから!
お問い合わせ

ファミリ工房東北にご相談ください 施工事例 声

お得なキャンペーンはこちらから


まるで新築リフォームキャンペーン



失敗しないリフォームのために

ファミリ工房東北へのご相談、お問い合わせはこちらから


お問い合わせ お見積もり 資料請求

お問い合わせ

ONES CUBO
屋根修理価格表
新築リフォーム

instagram

facebook


株式会社ファミリ工房東北
TEL : 0120-146-155 営業時間:10:00~19:00 定休日:水曜日・祝日
〒981-3213
仙台市泉区南中山2丁目12-9エクストール南中山 103

名取店
〒981-1224 名取市増田3丁目8-51
TEL : 0120-146-155 FAX : 022-784-1085

Copyright © 2012 株式会社ファミリ工房東北 All Rights Reserved.