仙台のリフォームならファミリ工房東北まで

株式会社ファミリ工房東北
お問い合わせ
TOPへ戻る

リノベーション

rinobe01.jpg




最近よく「リノベーション」という言葉を目にするようになりました。皆さん、この「リノベーション」の意味ご存知です
か?
「リフォーム」と「リノベーション」、共に建物の改装や増改築を指す言葉なのですが、実は明確な違いも定義も正式にはなく、国の住宅政策が、新築からストック住宅(現在既にある建物)の活用に移った数年前から出てきた新しい表現です。

国土交通省の定義では
 リノベーション=新築時の目論見とは違う次元に改修する(改修)
 リフォーム=新築時の目論見に近づく様に復元する(修繕)
 
今まで使っていた言葉の「営繕工事」が「リフォーム」、私たちがしてきた「提案型増改築」が「リノベーション」とい
うことになります。
わかりやすく言うと「リノベーション」の意味は、キレイに復旧するだけでなく、「使い勝手改善」や「耐久性アップ」、「高気密・高断熱による温熱環境改善」などなど、付加価値を与えることになるかと思います。
将来のことは誰にもわかりませんが、「少なくとも平均年齢までは使えるように」が多いと思います。
rinobe02.jpg
一番良いと思われるのは「お客様の目的がはっきりしている」ことだと考えます。
たとえば・・・「あと30年安全に使えるようにしたい」や、「家族構成が変わったから、何人でこのような生活を快適に
おくりたい」など、言い出すときりがないとは思いますが、目的なしの増改築工事では無駄や足りないものが多くなってしまいます。

具体的な相談をする前に家族会議を開き、まとめておく方が良いことをお伝えいたします。

「何年使っていきたいか」考えてみる

将来のことは誰にもわかりませんが、「少なくとも平均年齢までは使えるように」が多いと思います。

「家族構成はどうか」「2世帯になる可能性はあるか」

自分達だけでなく、親や子供も関わってくるので尚更はっきりしませんが、考えて想像することが大切だと考えます。
 

「どの部屋をどのように使いたいか」を整理しておく

具体的なプランニングは構造的なことが関わってくるので、当社が行うことです。
「こうしたい」より「こう使いたい」を伝えた方が早く理想のプランが見つかると思います。

ご家族や自分の意見を整理する為にも1冊ノートを作ってみることをおすすめいたします。キッチンや玄関など、部屋ごとにページをわけ、真中に縦線を書きます。線の左側は「不満点」。右側は「アイディア」を書いておきます。実際そこには当社からのご提案が入ることになってきます。

1回の打ち合わせ時間内に全てを話すことはなかなかできることではありません。「あ、これ忘れた・・・」を防ぐ為にも時間の無駄使いを防ぐ為にも、是非予習をしておいてください!

インテリアの方向性を決めておく

雑誌やインターネットで「この雰囲気の部屋に憧れる」「こんな空間に住んでみたい」などの写真をスクラップしたり、家具や絵画・リトグラフなど、インテリアへのこだわりをどこまで取り入れるか?をあらかじめ考えておくことも大切です。

冷暖房計画をプランに盛り込む

暖房による部屋ごとの温度差は血圧の高い方は特に気をつけないといけません。
また、保温性は光熱費といった内容で家計にも左右しますし、大きな目線で見れば「二酸化炭素削減」という地球環境にまで発展することにつながります。
暖房器具は何を使うか?どこからどこまでを暖めるか?冷やすか?を計画に取り入れることが一番です。




index_advice.jpg
 
ファミリ工房東北にご相談ください 施工事例 声

お得なキャンペーンはこちらから


まるで新築リフォームキャンペーン



失敗しないリフォームのために

ファミリ工房東北へのご相談、お問い合わせはこちらから


お問い合わせ お見積もり 資料請求

お問い合わせ

ONES CUBO
屋根修理価格表
新築リフォーム

instagram

facebook


株式会社ファミリ工房東北
TEL : 0120-146-155 営業時間:10:00~19:00 定休日:水曜日・祝日
〒981-3213
仙台市泉区南中山2丁目12-9エクストール南中山 103

名取店
〒981-1224 名取市増田3丁目8-51
TEL : 0120-146-155 FAX : 022-784-1085

Copyright © 2012 株式会社ファミリ工房東北 All Rights Reserved.